幼稚園の先生になる|行政書士の学習期間は結構かかる|効率を考えて

行政書士の学習期間は結構かかる|効率を考えて

幼稚園の先生になる

先生と子供

資格取得のための機関

幼稚園教諭の資格が取れる大学の学部と言えば、その代表格が教育学部です。4年制大学の教育学部で幼児教育を専攻すれば、卒業と同時に幼稚園教諭1級と保育士の免許を取得できます。また、一部の短大でも幼稚園教諭2級の免許が取得できます。幼稚園教諭の資格だけに限定して勉強するのであれば、短大でも十分です。しかし、その他の教育者としての資格も合わせて取得するのであれば、4年制大学で学ぶのが一番です。現在は、幼稚園の数も減っており、幼稚園教諭だけの資格で就職を目指すのが難しくなっています。幼稚園教諭の他に、保育士や小学校教諭などの資格を合わせて持っていた方が、就職には絶対的に有利です。そのような現状を踏まえて、4年制の大学に入学する人も増えています。

付随した資格を取る

保育や教育に関する資格は複数所有していた方が有利と言えます。しかしながら、諸所の事情で4年制大学まで手が届かなかったという人も、結構な数で存在します。実は、そのような人たちでも気軽に利用できる制度を持った大学もあるのです。幼稚園教諭の免許を持つ人が保育士の資格も取りたいという場合、保育コースのみの聴講を認めている大学の学部も数多くあります。聴講生になるための特別な試験はなく、誰でも参加できるのが特徴です。また、国家試験を受験しようという人に受験対策を指導してくれる大学もあります。教育に関する学部は、開かれた学部としての特徴もあり、正規の学生以外も受講しやすいのです。幼稚園教諭、保育士、それ以外の高度な資格を目指すのであれば、大学を賢く利用するのも一手です。

このエントリーをはてなブックマークに追加