行政書士の学習期間は結構かかる|効率を考えて

幼稚園の先生になる

先生と子供

幼稚園教諭の資格は、4年制大学の教育学部や一部の短大で取得できます。ただ、短大に比べて4年制大学の方が付随した資格が多く取れます。現在、幼稚園教諭だけの資格で就職するのは厳しい状態にあることから、4年制で勉強する方が断然有利です。

More Detail

自己啓発やスキルアップに

勉強道具

ビジネスの資格は、仕事で直ぐに生かせるものが多いのが特徴です。また、資格を取得できれば自身のキャリアアップだったりスキルアップが可能です。知っておくと良い情報として最近は学習しやすいオンライン講座や通信講座が揃っています。

More Detail

仕事のスキルアップに

勉強

マネジメントの知識を書籍で学習して、もっとその考え方を身につけたいと願うなら、専門学校か通信教育を利用しましょう。色々な業界に対応するマネジメントを習えますので、資格を取得すれば会社でのキャリアアップにも役立てられます。

More Detail

時間はあまり気にせずに

男の人

一発合格を目指すなら

持っておきたい資格でもつねに上位にあるのが行政書士です。独立も簡単でそれほど資金もいりませんし、独占業務もあり、仕事内容はこれからさらに広がっていくことが予想されます。取りやすい資格として昔から人気がありましたが、最近はそう簡単に合格できなくなっています。他の士業の中でも簡単な方だとされていますが、短期合格を目指すならかなりの努力が必要ですし、独学での合格者の占める割合は年々少なくなっています。気になる合格までの学習期間ですが、少ない人で300から400時間、多い人だと1000時間を超えるとも言われています。学習期間で難易度を判断するのもいいかもしれませんが、やはり注目すべきはその勉強方法ではないでしょうか。

短期で実力をつけるには

一年で行政書士試験に合格する人はかなりいます。他の法曹資格を目指していた人が流れてくることもあり一概には言えませんが、本気で勉強すれば一発で合格することも不可能ではありません。学習期間はあまり気にせず、効率良い勉強方法を模索しましょう。行政書士の勉強方法として一番多いのが、通信教材を使うものです。専門の教材なので最新情報に対応していますし、学習期間も決まってなく、カリキュラムに従って勉強すれば順調に理解が進みます。また、苦手なところを繰り返し学習できるのもメリットでしょう。行政書士の合格のコツとしては、やはり過去問を重点的に解いていくことです。出てくる問題にはある程度パターンや傾向があるので、それをつかむことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加